So-net無料ブログ作成

LEDローソン?

LEDローソン1.JPGLEDローソン2.JPG

通勤途中の都体育館脇にある千駄ヶ谷2丁目のローソンが、しばらく
内装工事をしていて、先日完成していました。

郵便局や病院、地下鉄や学校などとタイアップして、新しいコンセプト
での店舗づくりに挑戦しているローソンですし、以前、実験店舗として
の風水ローソンなるお店づくりに係らせていただいたこともあり、ここ
の新しいローソンはどんなローソンに変わるのだろうと、興味をもって
見ていました。

しかし、完成した店舗をながめてみると、内装をはじめ、商品ラックの
位置や形状など、一見なんら変わりがないように思えたのです。
そう思って中へ入ってみると、何やら照明が違うような・・。
よく見ると、照明器具がLEDの照明だったのです。興味津々に冷蔵庫や
冷凍庫の明かりをみたら、やはり丸いつぶつぶの光が並んでいました。
確かにLEDの明かりです。

そうだったのです。このローソンは、照明を全てLEDにしている、いわ
ゆる『LEDローソン』とでもいえる店舗だったのです。
LEDの照明は、以前よりは安くなったとはいえ、まだまだ一般の照明よ
りは割高で、普段の設計でもごく一部にしか使えないというのが現状。
そんな中、環境への配慮もあってか、全てをLEDにしてしまうとは、
恐れ入りました『ローソン様』というのが正直な感想です。
天井が低いので、スポットライト状の照明がやや圧迫感を感じるものの、
とても興味あるトライアルだと思いました。




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

酒向

残念ながら、この時のLED照明は、搭載しているLEDの白色特許が国内で販売できる物ではなく、また器具自体も日本の照明器具の基準に達していない物でした。
そのため、前面白紙となり、現在の天井照明型になりました。

大企業でさえ、LEDの特許や器具の基準など見抜けない状況であり、今でも国内には海外製の粗悪品が横行しています。

パテントや器具の構造に重点をおかず、価格の安さに魅了されて導入すると、訴訟の問題だけでなく、最悪は事故に繋がる可能性があるので注意が必要です。

国内ではいまだに特許をクリアーしていないLEDを使用し、とても長期間はもたないような、危険な作りの製品が大半をしめています。

ユーザーは、価格だけに惑わされず、特許の問題のない、高品質な製品を見抜く事が大事だと思われます。
by 酒向 (2010-02-10 19:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。